この曲を聴け!
新規発言(全項目, 24時間以内) - 5件
Rockin' Machine / Head First / BADFINGER (MK-OVERDRIVE)
Stand Back / THE ARROWS (失恋船長)
FATIMA / The Endless Basis / TERRA ROSA (ANBICION 11)
FRIDAY’S FREE FAIR / The Endless Basis / TERRA ROSA (ANBICION 11)


MyPage

新規発言(全項目, 24時間以内) - 5件
モバイル向きページ 
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)



Rockin' Machine / Head First / BADFINGER
本来はアルバム4曲目に入っていたがCDではdisk1ラストに追い遣られたマイク・ギビンズ作の小曲です。カントリー風の曲調で好ましいのですが"ロッキン・マシンからは一生逃れられないよ"と歌うならもちょっと引き伸ばしても良かったのでは? マイクも実は優れたソングライターなだけにdisk2のデモ音源から持ってきたような雰囲気が残念です。

MK-OVERDRIVE ★★ (2024-06-21 02:15:02)



Stand Back / THE ARROWS

カナダのロックバンドが1984年にリリースした1st。明日の道は俺達で切り開く。ロックの震源地カナダから放たれた4人の勇者アローズと帯タタキに書かれた国内盤を見たときは笑いましたが、その割にはカナダのバンドは批評家からプッシュされんぞ。
そんな震源地からシャレオツなサウンドで登場、壮快感のあるメロディと力強い大陸的なリズム、シンセにサックスまで飛び出し、口当たりの良いサウンドを展開、アメリカ産では感じられない哀愁美、そのセンチメンタルなメロディと仄かな湿り気を帯びた爽快な風が、心地よく頬をなぜていく。

ラジオフレンドリーではあるが、商業主義すぎないセンス、ポッと出の新人ではないキャリアに裏打ちされた構成力が、この滑らかで洒落た音楽を築き上げたのだろう。ある意味、ニューウェーブ風な曲もあるが、AOR調のハードポップサウンドはメロディ派マニアには、素直なアレンジと、クリアーな歌声が紡ぐ叙情派ロックに、思わず手が出てしまうでしょうね。

若い頃は絶対に聴くことのないジャンルでした。全てはグランジ/オルタナムーブメントのおかげ。何より、BURRN!が教えてくた唄モノロックのおかげで、こういう曲も聴くようになれた。偏見をなくしジャンル不問で良いものに手を出すことを知ったからこそ、巡り会えたバンドである。
今現在、日本での知名度はいかばかりは知る由もないが、ソングライティング力の高さは間違いない。守備範囲の広いロックファンにはすすめたいですね。

失恋船長 ★★★ (2024-06-20 21:47:00)



FATIMA / The Endless Basis / TERRA ROSA
特に3:13辺りからのギターメロディには引き込まれる。こういう情景が浮かんでくるインストは大好物。

ANBICION 11 ★★ (2024-06-20 20:44:10)



FRIDAY’S FREE FAIR / The Endless Basis / TERRA ROSA
一級品の国産様式美メタルの魔力が堪らない。ギターや歌は勿論のこと、ソリッドなドラミングも気持ち良い。

ANBICION 11 ★★★ (2024-06-20 03:19:06)



好きなジャケット

TERRA ROSAのTHE ENDLESS BASISはセンスいいな。でもラストアルバムのジャケは何であんなに適当に。

ANBICION 11 (2024-06-20 03:09:33)