この曲を聴け!
新規発言(全項目, 24時間以内) - 18件
Turn It On Again / Duke / GENESIS (GC8改)
人気者で行こう / SOUTHERN ALL STARS / SOUTHERN ALL STARS (名無し)
Insane / Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE (めたる慶昭)
Rockin’ Chair / Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE (めたる慶昭)
I Just Wanna Be Your Friend / Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE (めたる慶昭)
I’d Be So Happy / Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE (めたる慶昭)
You and Me / Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE (めたる慶昭)
Take It Slow (Out In The Country) / Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE (めたる慶昭)
Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE (めたる慶昭)
METAL CHURCH (cri0841)
No Damage Done / No Damage Done / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
I Want You / No Damage Done / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
Some People / No Damage Done / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
The Key / No Damage Done / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
Life Is a Cold Stone / No Damage Done / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
No Damage Done / SNIFF N THE TEARS (めたる慶昭)
DREAM THEATER (堀ノ内たかし)
United Abominations / MEGADETH (まんじゅしごろ)


MyPage

新規発言(全項目, 24時間以内) - 18件
モバイル向きページ 
新しいコメント・評価 (タイトルをクリックすると当該項目に移動します)



Turn It On Again / Duke / GENESIS
個人的には好きな曲です。
ポップスとシンフォニックロックの絶妙なバランスが最高。

GC8改 ★★★ (2021-08-01 07:44:05)



人気者で行こう / SOUTHERN ALL STARS / SOUTHERN ALL STARS

「人気者で行こう」というド直球タイトルで出された本作は、サザン史上最高傑作だと思う。
特に3曲目ミスブランニューデイがこのアルバムを引き締めているおかげで、それまでのサザンとは一線を画す非常にまとまりのあるアルバムに仕上がっている。

名無し ★★★ (2021-08-01 00:59:13)



Insane / Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE
アルバムラストナンバー。
アップテンポでこれまた小気味よい曲ですね。
ブラス陣とリズムセクションが一体となって直線的に攻めるとその上にストリングスの2人が上手く乗っかっていき、ウン良いアレンジだなと唸らされました。
大所帯バンドならではのダイナミズム溢れる佳曲でしょう。

めたる慶昭 ★★ (2021-07-31 22:24:59)



Rockin’ Chair / Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE
スキップの躍動感溢れるドラミングから始まるファンキーで賑やかなナンバー。
ブラス陣は腰振りながらノリノリで演奏している所が目に浮かんできますね。
ラルフの粘っこいギターが力強く曲をリードしてますな。
ボーカルもボブだけじゃなく、クレジットを見ると他に5人歌えるので、総動員してのコーラスが華やかな感じで良いね!

めたる慶昭 ★★★ (2021-07-31 22:21:00)



I Just Wanna Be Your Friend / Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE
アナログB面1曲目。
イントロでラルフコールのギターが前面に出てきて格好良くフレーズをかき鳴らすロックナンバー。
スキッププロコップの小気味よいドラミングとルイスヤッキニンのうねるベースが曲をドライブさせ、ギターソロも良いと思います!
ウーン元気出るなあ。

めたる慶昭 ★★★ (2021-07-31 22:16:38)



I’d Be So Happy / Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE
アルバムA面ラストナンバー。
ピアノとベースで静かに始まる曲です。
リードボーカルのボブマックブライドは中音域主体で中々良い声をしていますね。
ブラス陣とストリングス(エレクトリックヴィオラと同チェロ)の演奏が渾然一体となって良いね!

めたる慶昭 ★★ (2021-07-31 22:12:22)



You and Me / Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE
しっとりしたナンバー。
70年代はカーペンターズやスリードッグナイトとかこういうおとなしめだけどメロディが良くて、良いじゃんこの曲って思わせるバンドやアーティストが沢山居ましたが、そうした連中を思い出させます。
まだ時の流れが今程速くなかった気がする、そんな曲ですね。

めたる慶昭 ★★ (2021-07-31 22:08:19)



Take It Slow (Out In The Country) / Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE
アルバムオープニングナンバー。
開放的な曲です。
ブラス陣の演奏がチェイスとかキーフハートレイバンドの様な激しくテクニカルという感じでなく、爽やかなポップチューンに厚みを持たせるという感じで実にスカッとするんですね。
まずはなっとくの幕開けでしょう。

めたる慶昭 ★★ (2021-07-31 22:04:28)



Thoughts Of Movin' On / LIGHTHOUSE

71年の作品の様です。
「Can you feel it」で彼等を知ったわけですが、それより2年前の前々作に当る様です。
基本ブラスにストリングスも居る大所帯バンドなのですが、アップテンポの曲ではストリングスは目立たないもののスローな曲では俄然存在感を出して、曲毎のアレンジを工夫しているなあと感心してしまいます。
勿論ロックバンドの要ギターもアップテンポの曲では大活躍して、粘っこいフレーズを繰り出しますが、ハードロック系の音にはならず、爽やかポップロック系に留まっています。
それが良い味になっていて好きなんですよね。
このアルバムも買って正解でした!

めたる慶昭 ★★★ (2021-07-31 22:00:20)



METAL CHURCH

死因は・・・プレス発表通り・・・正直言葉が無い・・・

cri0841 ★★ (2021-07-31 18:12:55)



No Damage Done / No Damage Done / SNIFF N THE TEARS
アルバムタイトルナンバー。
ポール自身の描くジャケットがモノクロのクールなイメージなのに対してちょっとこのサウンド違うんじゃない?って思わせて、聴き進めていくとああフィットしているなと考え直させられます。
アーバンで都会的なのに異国情緒も漂わせる稀有なサウンドって彼等ならではでないでしょうか。

めたる慶昭 ★★★ (2021-07-31 16:00:53)



I Want You / No Damage Done / SNIFF N THE TEARS
ジャカジャカジャカジャカジャンジャジャーンってフレーズが印象的な曲です。
この曲ではあのアンディギディングス(ex Jethro Tull)がキーボードを弾いていますぞ!
タルとスニッフンって中々結びつかないですが、意外な所に接点が有ってビックリ!

めたる慶昭 ★★ (2021-07-31 15:56:32)



Some People / No Damage Done / SNIFF N THE TEARS
私の好きなバンドにThe Fixxが有りますが、この曲はサウンドがちょっと似てるかも。
The Fixxの同名異曲はもう少しアップテンポですがね。
また、サイカーニンとポールではボーカルスタイルも違いますが、この曲のレスデビッドソンのギターがThe Fixxのジャーメインウェストオーラムを連想するんですよ。
勿論良い意味でね。

めたる慶昭 ★★ (2021-07-31 15:52:05)



The Key / No Damage Done / SNIFF N THE TEARS
彼等特有の乾いたギタートーンが暑い夏を涼やかにしてくれそうな気がします。
イギリスのバンドなのに乾いたサウンドは歌詞にも出てくるアフリカの大地とかを思わせますよ。
ああ爽やか!

めたる慶昭 ★★ (2021-07-31 15:46:37)



Life Is a Cold Stone / No Damage Done / SNIFF N THE TEARS
アルバムオープニングナンバー。
異国情緒漂うイントロから曲が始まります。
こういうムードの曲って彼等お得意ですね。
ポールロバーツのボーカルって旅人ってイメージがつきまとうな。
ギターソロの組み立て方にもそうした雰囲気有るよね。
コーラスの入れ方も面白いです。

めたる慶昭 ★★ (2021-07-31 15:43:49)



No Damage Done / SNIFF N THE TEARS

13年発表の作品。
3年前発表の「Down stream」とはリズムセクションがチェンジしてますが、ポールロバーツ中心に作り上げられるサウンドの世界観は微動だにしません。
ブリティッシュバンドなのに乾いた感触のエキゾチックなそのサウンドはもう彼等だけのもの。
1曲1曲も充実しており、コロナパンデミックが終息して奇跡の来日なぞしたら涎垂らして見に行っちゃいそうだね。

めたる慶昭 ★★ (2021-07-31 15:40:18)



DREAM THEATER

新譜出ますよ!A View From The Top Of The Worldです!!

堀ノ内たかし ★★★ (2021-07-31 12:57:06)


United Abominations / MEGADETH

ハード・ロックだ

まんじゅしごろ ★★★ (2021-07-31 08:23:46)