この曲を聴け!
Black Moon (2019年)
MyPage

Black Moon
モバイル向きページ 
解説 - Black Moon
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 火薬バカ一代 ★★★ (2019-06-24 23:37:20)

ジャケットに、お馴染みの凸凹コンビが復活していて思わずニッコリさせられる、’19年発表のLUCIFER’S FRIEND再結成第2弾アルバム。(通算11作目)
ジョン・ロートン(Vo)、ペーター・ヘスライン(G)、ディーター・ホーンズ(B)ら中心メンバーの年齢は揃って70歳を越え、後期高齢者まであともう一息という陣容ゆえ、「体を壊してツアーに出られなかった」とか「体調が万全でなくレコーディング・スケジュールに支障が出た」とか、バンドの存続以前に心配すべきニュースが山盛りなLUCIFER’S FRIENDですが、出している音の方は、ショッピング・チャンネル観覧席のオバ様方が羨望の溜息を洩らしそうな張り艶を保ち続けるロートンの歌声といい、タイトに躍動する楽器陣のパフォーマンスといい、これがまぁ、相変わらず実に若々しい。
それもボトックス注射打ちまくった痛々しい若作りではなく、アダルトな円熟味と、経年劣化に抗う瑞々しさが自然体で共存するブリティッシュHRサウンドからは、一緒に来日公演を行った仲でもあるURIAH HEEPに通じる風格が醸し出されていますよ。
ロートンのダンディな熱唱に痺れる②、プログレ・タッチの重厚なドラマ性迸る④、からのタイトな疾走ナンバー⑤、ジャジーで小粋な哀愁のバラード⑥、ヴァイオリンをフィーチュアして、ヘヴィ且つ劇的に本編を引き締める⑧等、優れた楽曲が揃うアルバムを聴くと、当初は引退も視野に入れていたというメンバーが、本作の出来栄えに確かな手応えを感じ、「俺達ぁまだまだやれる!」とその考えを撤回する気になったのも当然だなと。
前作『TOO LATE TO HETE』に匹敵する力作。今度は単独来日公演をお待ちしております。




2. 失恋船長 ★★★ (2021-07-18 07:07:33)

日本ではイマイチ、認知度を高められなかった稀代の名シンガー、ジョン・ロートン。パワフルかつ澄み切った高音域を武器に情感を込め歌い上げる姿は唯一無二の魅力を持っており、個性は薄めの声質だが、これほどのパフォーマンス力を持つシンガーを見つける事は出来ず、個人的は愛して止まないヴォーカルでした。ブルージーなロックを唄う姿も激ハマりなロートン、今作でも多種多様な音楽性を全方向から受け止め最高のアイデアで歌い切っています。
70を超えたおじいちゃんとは思えない艶やかで伸びのある歌声、高貴でインテリジェンスな風合いも出せる彼のパフォーマンスを主軸にバンドサウンドを作り上げた演者のアイデアも素晴らしく、古典的なスタイルの中に今を取り込み新風を吹き込んでいる。
晩節を汚しまくるカヴァーディルとは違い、等身大の魅力を反映したセンスと聴かせ方の上手さに舌を巻きますね。昔の名前を引っ張り出すだけではない現役感、今が全盛期を思わせるクオリティの高さに改めて魅了されましたね。
ありがとうジョン・ロートンである。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示