この曲を聴け!
Atonement (2017年)
MyPage

Atonement
モバイル向きページ 
解説 - Atonement
→解説を作成・修正
コメント・評価

Recent 50 Comments



1. 悪い悪魔 ★★★ (2021-07-16 15:10:09)

デスメタルの大ベテランバンドImmolationの10th、Atonement。
ゲロが出るくらい素晴らしい。このバンドの作品を全部持ってるわけじゃないのですが、こいつは最高傑作なんじゃないかと思わせる程です。
このバンドの2ndと4thが僕は苦手でこのバンドは自分には合わんなぁと思っていたのですが、ふとしたキッカケで今作を買ってみたら、あまりのかっこよさに感動しました。
いやぁ、こいつはマジでおすすめですよ。
2ndや4thの頃に比べてわかりやすいメロディがリフに含まれるようになったおかげで、音楽的な感触はダークなまま、より感情移入がしやすいようドラマチックに曲が仕上がっています。それに最後まで気分を萎えさせるような捨て曲がないので、圧倒的迫力で押し寄せてくる劇的音楽世界に没入することができ、気持ちよくアルバムを聴き通せます。
ネットのコメントを見ると前作より少し評判が落ちるようですが、僕はいかんせんその前作を聴いてないのでそこは何とも言えません。
いや、しかしあれだけ苦手だったImmolationがこんなにかっこいいとは思いませんでした!参ったぜ、このヤロー!
ちなみにこれと同時期に3rdと5thも買ったのですが、これらも僕が苦手な2ndと4thと路線が少し異なっていたので、このAtonement同様すんなり受け入れられる作品でした。
そうなると逆に何故、2ndと4thは苦手なんだということになるのですが、リフのメロディの問題かなと思ったりします。2ndと4thのリフってメロディが無機質なものが多いので、そこが僕の苦手とする部分かなと思っています。あとは和音のこともあって、3rdと5thは4thに比べて変な和音を使う場面が少なく、3度やオクターブ、パワーコード、単音のリフが多い気がするので僕が馴染みやすかったのはこの部分も関係してるかなと思いました。
ま、このAtonementは和音リフめちゃ多いですけどね。でも変なコードは少ないと思います。音感皆無の僕が言っても説得力がないのですが...。



2. kamiko! ★★★ (2021-07-17 00:49:49)

米国産デスメタル2017年作
デスメタル全盛期頃にサタニックデス路線を追いかけていると必ず出会うバンド、特にINCANTATIONにハマったボクとしては、そのホンモノ感には一歩足らないが
閉塞的な質感のギターサウンド自体はINCANTATIONに劣らずといった感じで、無機質なこのギターの音像はこの時代では双璧といった印象を持っている。
とはいえ、そもそも米国産はあまりゲットしないので、初期作品以外は所持していない。また、何故か評判のいいKINGDOM OF CONSPIRACY (2013年)は
ボクには全くフィットしない。初期の閉塞感が薄れて、煌びやかになり過ぎな印象で、米国産デスメタルのボク的ランキングはかなり下がってしまった。
が、この作品は、煌びやかな感じが残されているところは仕方ないにしても、初期に感じた魔性・無機質なスタイルが蘇った好盤である。
このバンドはギタリストのRobert Vigna色が強いので、もう一人のギタリストがチェンジしているところがどれほどの影響があるのかわかりづらいが
少なくとも米産デスメタルに疎いボクがこの盤リリース当時に注目せざるを得なかった点は、ギタリストにAlex Bouksが名を連ねているところである。
この人は一時期INCANTATIONを支えたギタリストでもあるが、その固有の魅力が大御所バンドで際立っていたかというと微妙ではある。
このギタリストはGOREAPHOBIAというバンドの創始者であり、ダサさとホンモノ感が紙一重にあったそのB級スタイルにデスメタル愛を注いだ過去がある。
GOREAPHOBIAの底辺の世界観を色濃く感じるTOMBを経て、更にRUINOUS(隠れたオススメ盤)といった古学校愛を強く感じさせるバンドを経て、このIMMOLATIONに
参加しているところは、B級デスメタルフリークとしては、一体どんな音楽性になっているんだろうと興味津々、とてもワクワクするのだ。
アツく語ってみたが、このギタリスト加入で音楽性がAlex Bouks色に変化したかというと、メインのRobert Vignaのアクが強すぎて何とも言えない感じではある。
INCANTATION時代同様に、影の支え役のポジションなのかも知れないが、前作に比べマイナーチェンジ&過去作に若干回帰したスタイルの一旦を担っていると
感じるところがある。このサウンドは初期作品に真性さが加わったと思わせる感触があり、初期IMMOLATIONというよりは初期INCANTATIONのスタイルがツボだった
人のストライクゾーンじゃないかなと思う。



発言

評価:★★★ 素晴らしい!! ★★ 良い! まあまあ コメントのみ
→発言を修正・非表示 | 移動
→問題発言を非表示